知って損はない現金化の知識|現金がなくてピンチ!でもカードがあれば大丈夫!現金化しよう!

知って損はない現金化の知識

残り僅かな現金

クレジットカード現金化を行う際に注意しておきたいポイントは二つ、カード利用停止と法律違反による刑罰を避けることです。 まずカード利用停止についてですが、クレジットカード現金化という行為はカード会社の利用規約違反に該当する場合があります。 もしも発覚した場合、カードが使えなくなってしまう可能性があるのです。 法律に関しては、現在の法律上、クレジットカード現金化という行為が即ち法律違反というわけではありません。 ただ関係省庁はクレジットカード現金化業者そのものを取り締まる動きを強めており、業者の中には完全にブラックと判断されかねない業者も存在しているのです。 自分で転売する場合は古物営業法に抵触しないように注意が必要になるでしょう。 これらの注意点に気を付けてクレジットカード現金化をするようにしましょう。

クレジットカード現金化を行う際に知っておきたい最低限の知識は、やはり「カード利用規約や法律に引っかからないための知識」です。 まずは、カード利用停止を避けるため、「理由」を考えておくことが基本となります。 「買ったけどすぐいらなくなった」 「あくまでも商品が目的で購入したのでキャッシュバックが目的ではない」 といったように、「クレジットカード現金化は売買の結果であり、故意で現金化したわけではない」という旨をしっかりと説明できるようにしておきましょう。 次に頻度です。 高頻度で現金化すると、「故意ではない」といっても通用しなくなるので、注意が必要です。 単発単品のみの現金化であれば、転売した場合にも古物営業法に引っかかることもなくなります。 基本的にクレジットカード現金化は必要なときに必要な額のみにするようにしましょう。