現金化はじつは古い換金行為|現金がなくてピンチ!でもカードがあれば大丈夫!現金化しよう!

現金化はじつは古い換金行為

胸ポケットに紙幣を入れる様子

カード換金の歴史がスタートしたのは1960年代です。 この頃の日本はようやくクレジットカードが普及し始めた時代ですので、クレジットカードが普及するとほぼ同時にカード換金という行為が行われるようになったと言って良いでしょう。 しかしその後長い間、カード換金という行為は専門知識を有する一部の人たちのみによって行われてきました。 現在のように一般的に認知度が高まったのは、カード換金業者が増えた1990年代に入ってからです。 それら業者の広告媒体がカード換金という行為を一般的に知らしめたのです。 さらに2010年になると、総量規制によって借入限度額が引き下げられました。 これによってキャッシング枠を使い切ってしまう人も増え、ショッピング枠をどうにか現金化できないものかという需要が増えたのです。

カード換金のメリットは「現金を得られること」に尽きます。 しかしそのメリットを得るために実際に重要になるのは、「いかにデメリットを減らせるか」です。 メリットとデメリットというものは常に裏返しですので、デメリットを減らせばメリットは大きくなりますよね。 では実際にどのような工夫が必要なのでしょうか。 答えはやはり、しっかりと管理できるようにするための工夫です。 実際にどの程度の額の現金が必要なのか、カード会社にどのように返済してゆくのか、表計算ソフトなどを利用して視覚的に確認しながら管理できるようにしておきましょう。 カード換金の最大のデメリットは債務が膨れ上がることですよね。 しっかりと管理できるよう工夫すれば、そのリスクを回避し必要なときに必要なぶんだけ現金化というメリットを得られるようになるのです。