ピルによるホットフラッシュの汗

ピル自体の相性が悪い

ピルとは、女性ホルモンの仕組みを利用した避妊方法です。
日本の中では最も避妊率が高く、安全性が高いとされています。

 

 

ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が含まれており、脳下垂体に働きかけて排卵を制御し、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくするほか、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮内に入りにくくする働きがあります。

 

 

女性ホルモンの作用で、避妊だけではなく月経の周期を整えたり、子宮内膜症の治療や子宮がんのリスクを低くする、ニキビを改善するなどの効果も期待できます。

 

 

しかし、完全に副作用がないわけではなくホルモン環境が変わることによってさまざまな症状が出てくることもあります。

 

 

ピルによるホットフラッシュの症状としてはのぼせ、急な発汗、体温調節ができないなどの症状が現れます。
ただの疲れや気のせいとして見逃されてしまうこともあるため注意が必要です。

 

 

汗の原因とはホルモンバランスの変化による、自律神経への影響が考えられます。
自律神経の乱れが血管の収縮や拡張に影響しているためのぼせや急な発汗などが現れてしまうと思われます。

 

 

ホットフラッシュが起こった場合の対策とは、ウェットティッシュや汗ふきとりシートなどを用意しておき、症状が起こったときに踵疑似を冷やす、風通しの良い服などをきて体温調節をこまめに行なうなどの対策をとることができます。

 

 

しかし、ピル自体の相性が悪いことも考えられるためピルの種類を変えてみるなども良いとされています。

 

 

ピルは避妊に効果的な方法ではありますが、完全にリスクや副作用がない薬ではないため必ずメリットだけではなくデメリットの話を聞いてから医師に処方してもらうことが大切です。

 
急なホットフラッシュのメイク崩れを防ぎたい!!


このような悩みに

ホットフラッシュの汗を抑える
>>>薬用美容液タイプの顔用制汗ジェルが新発売になりました。


プライバシーも守られている為、宅配の際、
商品名に制汗剤とは記入されません。