ホットフラッシュの汗用の処方薬

ホットフラッシュで処方される薬

更年期症状に多いホットフラッシュ。

 

自律神経の乱れが原因とされています。
そのためホットフラッシュに用いられる処方薬は自律神経の働きを整えてやるものであったり、自律神経が乱れる原因となる女性ホルモンの補充を行なってくれるものであったりします。

プレマリン錠とは

年を重ねる中で卵巣の機能が低下すると女性ホルモン・エストロゲンの分泌が減少します。プレマリンの別名は結合型エストロゲン。薬として投与することで症状改善に役立つのです。不妊症治療にも用いられています。

ジュリアナ錠とは

こちらもエストロゲンの一種です。更年期障害の場合、黄体ホルモン薬と併用で飲みます。プレマリン錠もですが、重い副作用が起こることはほぼありません。ただ血栓症には注意が必要です。

エストラーナとは

プレマリンやジュリアナ錠が飲む錠剤タイプのエストロゲン補給薬であるのに対し、エストラーナはエストラーナーテープといって貼るタイプのお薬です。

フェミニストとは

フェミニストもシールタイプの薬です。胃腸や肝臓に負担がかかる方・内臓が弱い方の場合は飲み薬ではなくパッチタイプがすすめられるのです。シールのように皮膚に貼るだけで血管中の女性ホルモン安定に効果を発揮します。フェミニストは1週間に2回貼りかえればよいだけなので毎日貼りかえるタイプよりも楽でよいでしょう。ただシールタイプの場合、皮膚が弱い方だとかぶれやかゆみなどの症状がでることもあります。

ウェールナラ配合錠とは

プレマリンやエストラーナなどエストロゲン単剤なのに対し、ウェールナラ配合錠は黄体ホルモンも配合された薬です。

黄体ホルモン製剤とは

エストロゲン単体で服用する場合に併用して摂取することになります。ただ有子宮者のみに必要とされ、病気などで子宮がない場合には服用することはありません。

 

専用の処方薬はこのようにさまざまな種類があります。これらは、年齢や閉経後の年数・健康状態などを観た上で医師が処方してくれることになります。

 

 

高い効果を得ることができ、それとともにリスクは最低限に抑えることのできる最少有効量を使うことが世界的なコンセンサスとなっているのです。

 

 

静脈血栓塞栓症虚血性脳卒中などの病気が増加する可能性もないわけでもありません。

 

 

必ず医師が処方した薬を用法用量を守って服用するようにし、
子宮がん検診や乳癌健診、血液検査や血圧検査など定期的に健診を受けるようにしましょう。

 

>>>ホットフラッシュの汗に有効な漢方薬

 
急なホットフラッシュのメイク崩れを防ぎたい!!


このような悩みに

ホットフラッシュの汗を抑える
>>>薬用美容液タイプの顔用制汗ジェルが新発売になりました。


プライバシーも守られている為、宅配の際、
商品名に制汗剤とは記入されません。