ホットフラッシュの汗用の漢方薬

ホットフラッシュに有効な漢方薬

ホットフラッシュに用いられる漢方薬にはどんなものがあるのか気になるところです。

 

漢方薬はホットフラッシュの症状の緩和に有効だとされており、数多くの種類がありますのでホットフラッシュに有効な漢方薬について考えてみましょう。

加味逍遥散

加味逍遥散とは精神症状に有効な官報で不眠やイライラ、かっとなりやすいなどの症状を持つ痩せ型で虚弱体質に人に効果があるとされています。
ほかにも、めまいやむくみ、顔のほてりや動悸などの症状に効果が期待できるとされています。

柴胡加竜骨牡蛎湯

柴胡加竜骨牡蛎湯とは幅広く処方されている漢方で、かっとなりやすい人やイライラしやすい人、動悸が気になる人などに効果がありますが比較的体力のある人向けの漢方であり、虚弱体質の人にはあまりお勧めできないようです。

桂枝茯苓丸

桂枝茯苓丸とは、便秘やほてり、のぼせ、肩こりや手足の冷えに有効であり、比較的元気で体力のある人向けの漢方とされています。

女神散

女神散とは、のぼせやめまいの改善を目的とし肩こりやほてり、頭痛や便秘な度にも有効だとされています。
比較的胃腸の強い人向けの官報なので胃腸に自信がない人はあまり適していません。

温経湯

温経湯とは、冷えを解消して血行を良くする効果が期待できるのでホットフラッシュ以外にも生理中の下痢や月経困難症にも有効だとされています。
女神散と温経湯は、婦人科系の臨床現場で処方されることが多く一般にはなじみが薄いとされています。

三黄瀉心湯

三黄瀉心湯とは、便秘や不眠、みぞおちのつか絵などにも効果があるほかに、興奮しやすい気持ちを抑制したり気分が落ち着かないなどの症状の時に処方すると効果的です。

 

実は、一口に漢方薬といっても体質によって合う合わないもあるとされているのです。

 

今回比較した中でも体力が中程度ある人向けの漢方役が多く、虚弱体質の人向けのは加味逍遥散です。

 

 

そのため、自己判断でドラッグストアなので購入して服用すると場合によっては症状がひどくなることも十分に考えられますので安易に服用するのはやめましょう。

 

 

特に、初めてホットフラッシュのために漢方薬を使用することを考えた人は、医療機関において検査や診察を受けて処方されたものを服用するようにしましょう。

 

 

これ以外にもまだまだ数多く種類は存在しますので、症状の緩和に何が良いのかというのは服用してみなければわからないこともあります。

 

 

医療機関で医師の判断の下処方してもらい、ホットフラッシュの症状を改善できるように努めてみてはいかがでしょうか。

 

>>>ホットフラッシュの汗対策に処方される薬

 
急なホットフラッシュのメイク崩れを防ぎたい!!


このような悩みに

ホットフラッシュの汗を抑える
>>>薬用美容液タイプの顔用制汗ジェルが新発売になりました。


プライバシーも守られている為、宅配の際、
商品名に制汗剤とは記入されません。