ホットフラッシュの汗と薬物副作用

薬物の副作用ではありません。

女性は、更年期になるとエストロゲンが低下して、様々な症状が出てきます。
代表的な症状が、ホットフラッシュです。

 

ホットフラッシュの症状は、主に気温に関係なく顔や体がほてり、人によっては大量の汗が出ます。
突然症状が現れるケースが多いです。

 

 

閉経前からホットフラッシュの症状が出る人もいますが、多くの女性は閉経後に症状が出ます。

 

 

閉経後、まったくホットフラッシュの症状が出ない人は2割程度で、その他の女性は平均して5年くらいホットフラッシュの症状が継続しています。

 

 

女性の中には、更年期障害とは関係なく、ホットフラッシュと似たような症状が出る人もいます。

 

 

ストレスや精神疾患、甲状腺の問題などが原因で、ホットフラッシュに似た症状が起こることがあります。

 

 

ホットフラッシュの汗は、薬物の副作用ではありません。

 

ホットフラッシュの症状が出た場合は、首筋を冷やすと症状が落ち着きます。
ホットフラッシュの改善には、ホルモン剤による治療も有効です。

 

 

月経があり、女性ホルモンの分泌がある場合は、漢方薬も効果が期待できます。
漢方薬は、即効性はないものの、副作用が少ないため人気が高いです。

 

 

プラセンタや大豆イソフラボンのサプリメントを利用している女性も多いです。

 

 

プラセンタや大豆イソフラボンには、ホルモンバランスを整える働きがあります。

 

 

ホットフラッシュの症状が気になる場合は、婦人科へ行って治療することで、症状が軽くなるケースもあります。
"

 
急なホットフラッシュのメイク崩れを防ぎたい!!


このような悩みに

ホットフラッシュの汗を抑える
>>>薬用美容液タイプの顔用制汗ジェルが新発売になりました。


プライバシーも守られている為、宅配の際、
商品名に制汗剤とは記入されません。