ホットフラッシュの汗を抑えるアルコールの飲み方

血栓症のリスク

ホットフラッシュの汗を抑えるためには飲酒は控えるのが望ましいのですが、飲まないことでストレスが溜まって、体の不調を訴えることになるとホットフラッシュ以外の症状も出る可能性があります。

 

 

正しいアルコールの量は、
ビール1本や熱燗1本などと考えられていますが、個人差があるので、人によって基準が異なります。

 

 

ホットフラッシュの起きない量を知ることが大切なので、どのくらい飲むと症状がでるのかということを観察する必要があります。

 

 

正しいアルコールの飲み方は、
自分の肝機能や体調に合わせて量を調節することですが、分からない場合には、自分の両親がどうであるかを考えるとわかりやすくなります。

 

 

日本人の多くはアルコールを分解する酵素が少ないので、飲んだら顔が赤くなります。

 

 

顔が赤くなりやすい人は、ホットフラッシュにもなりやすいので、なるべく飲まないようにする必要があります。

 

 

お酒などを飲むと血管が広がって、血液が流れやすくなるために、顔のほてりや紅潮などが起きやすくなります。

 

 

適度な飲酒は血流を良くするので冷え性の予防などには一定の効果があるとされていますが、飲み過ぎてしまうと肝機能が低下します。

 

 

寝る前にワインなどを飲むとリラックスすることができますが、寝ている間に脱水状態になるので、血栓ができやすくなったり、眠りが浅くなる可能性もあります。アルコールは分解されるときに水分を必要とするので、ホルモンバランスが乱れている女性の場合は、血栓症のリスクが高まります。

 
急なホットフラッシュのメイク崩れを防ぎたい!!


このような悩みに

ホットフラッシュの汗を抑える
>>>薬用美容液タイプの顔用制汗ジェルが新発売になりました。


プライバシーも守られている為、宅配の際、
商品名に制汗剤とは記入されません。